諦めていたあのデータも復旧可能「EaseUS Data Recovery Wizard」レビュー

PC・ガジェット

ついうっかりで大事なデータを消してしまった経験、ありませんか?

私には山程あります。

HDDのパーテーションを変更しようとして失敗したり、SDカードやUSBメモリのデータ破損でフォーマットを強いられたり、バックアップをとっていないデータを削除してしまったり, etc.

やってしまった直後にくる途方もない絶望感…。正直、もう味わいたくはありません。

そんなシチュエーションで希望となるのが、EaseUS Data Recovery Wizardです。

EaseUS Data Recovery Wizardとは

EaseUS(イーザス)が提供するWindowsOSでもMacOSでも使用が可能データ復旧フリーソフトです。

EaseUS Data Recovery Wizardは
PC本体に内蔵されているHDDやSSDはもちろん、USBメモリやSDカード、外付けHDDなどの外部記憶媒体全般と、非常に多くのデバイスに対応しています。

肝心の復元率も高く、復元する前にファイルのプレビューが出来るところも嬉しい。

最大2GBまでなら無料で復元可能

EaseUS Data Recovery Wizardには無料で使用出来る「Free版」と、ライセンスを購入して使用する「Pro版」があります。

2つのバージョンの違いは復元可能なデータの量だけ。

「Free版」では最大で2GBまで。

「Pro版」では量を気にせず無制限にデータの復元が行なえます。

復元可能なデータ量以外に違いはないので、まずは無料の「EaseUS Data Recovery Wizard free」を試してみることをおすすめします。

Free版で2GBの復元を行う為にはSNSでのシェアが必要です。

簡単な操作で高い復元率

さて、早速データの復旧を試してみましょう。

今回はこちらの16GBのUSBメモリと

以前ノートpcで使用していた320GBのHDDを使用してみました。

データの復旧はたったの3ステップ

検証の為、空のUSBメモリに適当な画像やワードエクセルファイルを入れて消去。

ステップ1:復旧するドライブを選択

EaseUS Data Recovery Wizard freeをインストールして起動すると、このような画面が出てきますので、目的のドライブを選択しスキャンボタンを押します。

あとは自動でスキャンを進めてくれます。簡単!

ステップ2:復元するファイルを選択

復元前に、データをプレビューで確認することも出来ます。

復元するデータが決まったら、チェックを入れてリカバリーボタンをクリック。

ステップ3:復元する場所を指定

復元するフォルダを決めて、OKをクリック。

見事にデータを復元することが出来ました。

フォーマットを繰り返したHDDも復旧可能

次に、以前ノートPCに使用していたHDDをスキャンにかけてみました。

このHDDは過去にパーテーションの変更やフォーマットを何度も行っているので、その時のデータが復元できるかどうか試してみます。

データ量が多いと少し時間がかかる

クイックスキャンでは何も見つからなかったため、ディープスキャンを行いました。

完了まで47分と出ていますが、実際には全部のスキャンが終わるまで3時間程度掛かりました。

容量が320GBと多く、フォーマットも複数回行ってますから仕方ないですね。

ソートが可能で、目的のファイルを探しやすい

ファイル数が多くなると目的のファイルを探すのも一苦労ですが、このソフトなら詳細なソートを行うことができます。

全てのデータを復元できるわけではない

さすがにデータを消してから時間が経っているだけあって、壊れてしまっているデータも多数見つかりました。

もっと早くに復旧を試みていれば、助かったデータはもっと多かったかもしれません。

10年以上前のデータも復元できた

驚いたことに、一部だけですが10年以上前のデータを復元することも出来ました。

逆に言えば、やろうと思えば中古のHDDから個人情報をサルベージすることも可能だということ。

HDDやSSDを手放す際は細心の注意が必要です。

データの復旧が出来ない例もある

デバイスを認識しない場合

復旧する場所の指定が行えないため、EaseUS Data Recovery Wizardではデータの復旧が行えません。

物理的に壊れている場合

Easeus公式サポートによると、物理的に不完全なディスクからのデータ復元は、問題が発生する可能性が非常に高いそうです。

修理専門の業者に依頼するようにしましょう。

時間が経ちすぎている場合

復旧ソフトも万能ではないので、過去に消してしまった全てのデータを元通りにすることはできません。時間が経てば経つほどデータは見つかりづらくなりますし、データが壊れてしまうこともあります。

大事なデータを消してしまった場合は、可能な限り早めに復旧を行うことをおすすめします。

まとめ:復旧は時間との勝負

EaseUS Data Recovery Wizardでは、消したばかりのファイルなら高確率で復元することができ、中身も無事なことが多いです。

時間が経ってしまったデータでも復元は可能ですが、復元率は下がってしまいます。早めの対処こそが、データ復旧を成功させる鍵と言えるでしょう。

データ容量の少ない画像やテキストファイルであれば無料の範囲内でも十分対処が可能なので、まずはFree版で試してみてはいかがでしょうか。

EaseUS Data Recovery Wizard free

容量無制限のPro版はこちら↓

コメント